宮崎京子 オフィシャルWEBサイト
Diary Biography Discography Gallery Links
 
プロフィール
宮崎京子
 
宮崎京子/ソプラノ

山形市生まれ、山形県立山形北高等学校音楽科卒業、秋田聖霊女子短期大学音楽科卒業、国立音楽大学声楽学科卒業、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了。

メノッティ作曲オペラ「霊媒」のマダムフローラ役でオペラデビュー。その後、民音オペラ公演「蝶々夫人」のケート役で全国を回る。その他、オペラ「魔笛」のダーメ役、オペラ「泥棒とオールドミス」のレティーシャ役、オペラ「歌姫」のガスパリーナ役、ミュージカル風オペラ「うたよみざる」のお仲役等、幅広い役柄で多数のオペラに出演。

1995年より年数回イタリアで研鑚を積みイタリア各地でコンサートに出演。2001年8月カラブリア音楽フェスティバルで最優秀賞受賞、そしてイタリア各地のフェスティバルにてオーケストラと競演し、賞賛される。同年9月レオンカヴァッロ国際オペラコンクールでセミフィナリストとなる。

又、2001年5月に第1回モンジャーニコンサート(日本、世界の名曲を楽しむ夕べ)を年1回、現在は年2回のコンサート&リサイタルを続けている。2011年2月立川市民オペラ「カルメン」にてミカエラ役を好演。同年9月より年1回「モンジャーニinやまがた」を始める。

演奏活動の他、1993年から現在も立川市民オペラ制作、合唱指導責任者として活躍。2014年立川市民オペラ「アイーダ」で第12回佐川吉男音楽賞・奨励賞を受賞。また後進の指導と共に地域の文化振興等にも意欲的に活動している。 

現在、藤原歌劇団正団員、(社)日本演奏連盟会員、立川市民オペラ合唱団講師、立川市民オペラ制作担当、立川市砂川学習館寿コーラス指揮。

CD「かあさんのうた」、「初恋」、「オペラアリア 歌に生き、恋に生き」「やまがた 我がふるさと」好評発売中

又、「やまがた 我がふるさと」合唱譜をこちらよりダウンロード可能
(著作権の必要はありません)

メッセージ
イタリア・ベレーゼ在住の名ソプラノ歌手。若干16歳でオペラデビュー。ミラノスカラ座を始め、イタリア国内外の主要歌劇場で高い評価を受けた。かつてのNHKイタリア歌劇団日本公演「ラ・ポエーム」のムゼッタで来日している。
 
マルゲリータ・グリエジョシ女史/恩師ルミ

(対訳)
京子の素晴らしい日本の歌を聞いたときに、私は計り知れない喜びに満足しました。
それらの曲は優美な感受性や、郷愁、そして愛が伝わってくるものでした。
最高に素晴らしい!
私もそれらの歌を歌う為に、日本人になりたい。

マルゲリータ・グリエルミ

追伸、
でも何故?京子がこんなに素晴らしいの!!

2003年 東京


 
     
pagetop  
home mail site map